HOME>Topics>効率よく鳩除けするコツやポイントとは?被害拡大に前に対策しよう

多く寄せられる悩み

鳩被害は全国各地で報告されており、中でも下記のような相談内容が非常に多いといわれています。早期解決のためにも、専門業者の利用は必須でしょう。

鳩問題で寄せられる悩み

ハト

対策が難しい

対策が難しい高い場所に住み着かれると、対策のしようがありません。橋、高層マンションなど素人では難しい場所は、業者の協力なしで鳩除けは不可能でしょう。

対策グッズでは効果がなかった

鳩除けの商品は、ホームセンターで数多く販売されており、自分でも行なえるような状況です。しかし、市販グッズでは力不足な面もあるので、ほとんどの方が業者に依頼をします。

衛生面が悪い

糞尿被害による被害や、美観の問題で鳩除けをお願いする場合が多くあります。主に広場などがそのような状態でしょう。

鳩にも種類がいる

一口に鳩といっても種類があります。また、鳩によって除け方が違うので、効率よく駆除するためにも鳩の違いを知っておきましょう。

キジバトとドバトの違いを知ろう

ドバト

建物の多くに住み着いているほとんどがドバトです。人懐っこい性格なので、伝書鳩として活用されることもあります。

キジバト

キジのメスに柄が似ていることから、キジバトと呼ばれています。日常生活で多く見かける鳩ですが、世界的にとても貴重な鳥として知られています。

効率よく鳩除けするコツやポイントとは?被害拡大に前に対策しよう

鳩

鳩の習性とは

鳩の習性で最も興味深いのが帰巣本能がある点です。日本でよく見かけるドバトにはこの帰巣本能が非常に強く巣から遠く離れた場所でも、道を間違えず正確に戻ることができます。

ハト

何故ベランダに巣を作るのか

鳩がベランダに巣を作る要因としては、子育てが関係しています。ベランダなら、外敵に襲われる心配がないため、本能的に選ぶようです。またベランダには室外機、給湯器、植木鉢といった視覚になる部分が多く、外敵から身を守るのに適しています。

鳩

鳩による健康被害

様々なウイルスや菌を保有している鳩。対策せずにいると、人々の健康に害を及ぼす危険があります。代表的なのは、集団食中毒の原因となるサルモネラ菌、肺炎を引き起こしかねない真菌類、感染すると最悪死に至るオウム病クラミジア、鳩の糞によるアレルギーなどがあります。

ハト

依頼するタイミング

昼間は、鳩が羽を休めるために建物にやってきますが基本的に滞在時間は短めです。このレベルなら、自身で対策を講じてもいいでしょう。滞在時間が長い場合、近くに巣がある可能性もありますが、この段階ならギリギリ自分で対策できます。しかし、滞在先をねぐらにしていたり、大量の糞が見つかったりした場合は、鳩除けを専門業者に依頼する他ありません。また、巣作りをした時点で自分たちで駆除するのは困難です。

業者からアドバイスを受けよう

鳩除けをした後も、もしかしたら何かがきっかけで鳩が寄り付くかもしれません。二次被害を防ぐには、専門業者からのアドバイスが必要になるでしょう。